ホテル暮らしはいくらかかるのか

29歳の誕生日記念にホテル暮らしを始めました。
今後週末は自宅に帰り、月曜~土曜はホテルを転々とする暮らしをしようと思っています。
今後ホテル暮らしに興味のある方は参考にしてみてください。

宿泊した施設一覧

別途まとめたページを作成しました→ 宿泊した施設一覧

※費用はあくまで参考程度にしてください。
(時期による値段の変動や予約アプリによる割引等もあるため)

ホステルやドミトリーは利用しないというルールを作っています。

1泊あたりの平均単価 \3,013

30日換算で9万円くらいになりますね。
福岡だと1Rの家賃平均が約4万円みたいなので、そこだけと比較するとめちゃくちゃ高いと思われるかもしれません。ただ、ホテル暮らしだと以下の費用も宿泊費に含まれています!

1、水道光熱費

以前暮らしていたときには、およそ1,5000~20,000円ほどかかっていました。
ホテル暮らしの場合、宿泊費に含まれます。

2、通信費

毎月5,000円くらいかかる通信費。
基本的にどこのホテルも無料でWifiや有線LANが使えます。

3、初期費用・退去費

どこかに借りて住むとなると基本的に仲介手数料・敷金・礼金等の初期費用がかかります。
初期費用は物件にもよりますが、家賃の3~6カ月程度かかるのでそこがないだけでもかなり大きいです。
また、2年以内に退去すると1ヶ月分の賃料などのペナルティーもなく、退去の際にかかる引越し代やゴミ処理費もかかりません。

しかし、ホテル暮らしをしたとしても、かかってくる費用はあります。

1、食費

1日3,000円程度でしょうか。

2、交通費

博多エリアのホテルに泊まったため、バスや徒歩移動が基本でほとんど交通費はかかっていません。

まとめ

宿泊費だけ見るとホテル生活は高いと思うかもしれません。
ですが、時間効率の良さや毎日新しい場所での刺激など良い面もたくさんあります。
また別記事でホテル暮らしのメリットやデメリットなどまとめたいと思います。