goodroom ホテルパスのいいところ わるいところ

はじめに

 新型コロナウイルスによるホテルの稼働率減少に対応するサービスとして、ホテルのサブスクリプションが最近流行っています。
月額定額を支払うことで、お得に宿泊滞在できるサービスです。
「泊まり放題」のサブスクリプションもありますが、サービスを提供する会社のプランによっては、月の宿泊回数が限られていたり、利用する曜日が限定されていたりするサービスもあります。
しかし、通常のホテルに宿泊するよりは、ずっとお得に泊まれるという特徴があります。

そんなホテルサブスクリプションのひとつである「goodroomホテルパス」を11月に1ヶ月体験してきましたので、ご紹介しようと思います。

goodroomホテルパスとは

 goodroomホテルパスとはグッドルーム株式会社が運営するホテルサブスクリプションです。
2020年6月に「goodroomホテルステイ」としてサービス開始し、2020年9月末に「goodroomホテルパス」へサービス名称が変わりました。

ホテルステイホテルパス
プラン以下1+2の合算

1. ホテル利用料
プランA 7.8万円
プランB 9.8万円
プランC 11.8万円
プランD 13.8万円
プランE 15.8万円
プランF 17.8万円
2. goodroom ホテルステイ会費
各プラン共通 1,480円
スタンダードプラン:99,800円
ライトプラン:69,800円
+ホテルクラスに応じた加算
その他諸費用登録事務手数料:7,800円
退去時清掃費用:2,500円
登録事務手数料:7,800円退去時清掃費用:3,000円
Go To トラベルの利用可否ホテルによる可能→受付停止
最低滞在期間1ヶ月14日

ホテルステイもホテルパスも大きなサービスの違いはありませんが、ホテルパスは最低滞在が14日からと、コンスタントにホテルを変える使い方ができそうです。

ホテルパスの良いところ

価格

扱っているホテルがハイクラスビジネスホテル以上なので、他の予約サイト等でも同じ金額は再現できない。
ここはさすが不動産会社だなぁと感じました。

ホテルパスの悪いところ

実際に使ってみて、MOREポイントを上げてみます。

1、GO TOトラベルでのゴタゴタ

 政府方針が変わりGo Toトラベル事業に変更が生じたのが11月1日ごろのこと。本件に関連するメールでのやり取りにおいて不安しかありませんでした。
ばたついていたのだと思いますけれど。

2、付帯サービスがあるのか無いのか分からない

宅配収納サービスを3箱まで特別価格で利用できるという内容のFAQがあるが、存在が不明。 メールで訪ねてもそこだけスルー。 

3、対応が冷たい

メールの文面がビジネスライクすぎます。 BtoCで顧客体験を売っているのなら、もう少し文章の書き方があるのではないかと。
荷物を持っていくのが面倒であるから、宅配便でホテルまで送らせてほしいがいいか、とメールで問い合わせしたところ、

こちらホテルに報告させていただきました。

メール本文より

冷たくない?
なんか悪いことをしたような気分でしたね。

今後利用するか

魅力的なサービス改定があれば別ですが、現時点では再利用する予定はありません。