SLA(Service Level Agreement)

「安定稼働」を支える技術

当社が提供するサービス・システムは、すべて国内(※1)にデータセンターをもつ信頼性の高いシステムベンダー内に設置、運用しています。
大規模地震を想定した耐震設計による堅牢な構造に加え、無停電電源装置や消火設備等も完備されており、万が一の停電発生時でも、安定した電源供給を維持できます。
これにより、法人向けサービスに求められる高い可用性を実現しています。

冗長化された高速ネットワーク

データセンターのインターネット回線は、国内の主要IX(Internet eXchange)や大手ISPなどマルチキャリアに直結した広帯域・低遅延のバックボーンを採用。
サービス継続性を常時堅持する取り組みとして、ネットワークを冗長化(二重化)しています。
これは、突発的なアクセス集中が引き起こす回線速度の遅延やデータセンター内の機器故障など、起こり得るトラブルに柔軟に対応するためです。

サービス稼働率

ダウンタイムが少なく、可用性に優れた高信頼サーバーを選ぶことは極めて重要です。
当社では、安定したサーバー・パフォーマンスを定量的に評価する指針として、稼働率をすべて公表することとしています。お客さまの信頼に応えるため、高い稼働率を維持し続ける努力を惜しみません。

サービス品質保証(SLA)

当社が提供するサービスにおいては、最高で「99.99%(※2)」のサービス品質保証(SLA/Service Level Agreement)を設けています。万が一、ダウンタイムが発生した場合には、その発生時間に応じてご利用料金を返金いたします。サービス品質にこだわり抜くITS CLOUD NETWORKだからこそ、信頼を可視化する保証制度をご用意しています。

※1) ロードバランサーは国内・国外 双方に設置しています。
※2) サービスによって異なります。